ワインメルマガ 「ワインの保存」

今週はワインの保存について書かせていただきます。
ワインを保存する時に気をつけなければいけないのは、
・温度
・湿度
・光
・振動
と言われています。
そして道上はそれに加えて風通しと言っています。
ワインのボトルを空気がよどんでいない所に置いておく事も必要だとか。
ヨーロッパに限らず、日本の山梨や長野県でもワイナリーにある地下ワインセラーは湿気が十分にあるものの風通しを良くしてあり、中に入ってもじめじめしていません。
確かにコルクでしっかりとふたをされていても、空気のよどんだところに置いてあったワインはあまり飲む気がおきません。
そういうことであれば家庭にあるワインセラーは、温度、湿度は大丈夫ですが、光、振動、風通しについてはワインの保管に関して最適とは言えません。
続きはこちら⇒
ソムリエの追言「ワインの保存」
https://www.michigami.com/hpgen/HPB/entries/1380.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です