ジョンカード紅白ラベル1996年

前回の1991年に続き、今回は1996年を紹介。
古いワインのコルクを抜くのは苦手で、ワインツウという栓抜きを使ってみたりしますが、毎回苦戦します。結果的に96年のコルクはまだ綺麗でした。



ワインの色を写真で紹介するのは難しいですね。光の関係で色が違って見えます。反射するので黒い紙をかざしてみたのですが、濃くなってしまいました(?)
縁の辺りが少し明るくなっています。91年と比べると色は少しまだ濃い(?)のかなあという感じですが、同時に比べてみないと分かりません(T_T)。
注いでいる時はやっぱり結構明るかったです。

この時期はワインの温度も苦労します。この紅白ラベル96年と前回紹介した91年は飲む30分~2時間前に開栓することをお薦めしていますが、飲んでいる間に結構温度が高くなってしまいます。エアコンをつけながら飲んだ方がいいかもしれません。

かといって冷えすぎだと味わいが感じにくく、温まってしまうとぼやけた感じの味わいになるので、途中で少し冷やし直すか、やはりエアコンをつけた方が良かったかも知れません。私はケチってエアコンを・・・・いや、飲んだ日はそれほど暑くはなかったのですが、それでもワインは結構温まったような気がします。そもそも適温が16~18℃なので温まるのは無理ないですが、これはエアコンでも無理か?適度に氷水につけるなどした方が良さそうです。

肝心の味わいの方は、熟成の感じは91年よりは弱いですが、柔らかくなっている感もあり、ところどころ熟成の旨味を感じられるといったような。しかしながら美味しい時間帯というのが分かりにくい感じもあります。開栓時間は1時間30分程前にしましたが、これはもう、この時間だ!というのは無理なのですがそもそも。たいてい2杯くらい飲んで少し酔っ払った時が一番美味しいんじゃないかという説もありますが、96年のワインともなると私クラスになると1年に1度飲めるかどうかなのでよく分からなかったりします。

ということでソムリエのコメントはこちら!
https://www.michigami.com/SHOP/10269612.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です