酒類販売管理研修

さて、おととい酒類販売管理研修に出席してまいりました。これは酒類の販売場において酒類販売管理者を選出し、3年ごとに研修受けて、販売場における酒類の適正な販売管理の確保について・・・

実は私、MICHIGAMIワインの酒類販売管理者でありまして、研修はこれで2回目。前回受けたのが3年前な訳ですが、あれからもう3年も経ったのかい。

幸いにして弊社の近くで研修をやっているのですが、皆さん申し込みが早いのとコロナの関係で規模が縮小しているのか、会社の近くはすでに埋まっており、日本橋まで研修に行ってきました。

内容はほぼ前回と同じ。DVDの内容も覚えておりました。まぁ、運転免許の更新みたいな感じですね。おそらくスーパーの酒類販売の方などは実際の売り場での案内とかいろいろあるのかと思いますが、私の場合は通販なので、基本的にはホームページに注意書きを書くくらいですかね。実際の売り場の場合は、未成年者に販売をしないよう注意、場合によっては確認を行うなど、このあたり特にDVD(あ?DVDなのか?映像のことです)では重点的に紹介されていました。

通販の場合は、生年月日を書く欄を必須に。当店のカートシステムでは毎回記入をお願いしております。まぁそれがどう・・という点は否めないですが、このあたりもコンビニの20歳以上です→YESに通じるものがあります。

また、当店ではフランスから直輸入をしておりますので、バックラベルの表記なども注意しないといけません。そのあたりは研修時にもらえる分厚いテキストに詳しいです。お酒の種類についてもいろいろ書いてありますね。

前回は3時間だったそうですが、今回はコロナの関係で1時間30分でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です