たまにはワインの話

ワインのブログなはず・・・。

さて先日飲んだ当店の、サンギュリエ・マルベック。

(何故か、今画像がアップできないのであとで載せますね)

こちら輸入したばかりの頃に飲んだ時は、仕入れの際の試飲と全く印象が異なり、味が安定していませんでした。輸入の際の船の揺れに影響を受けたのか分かりませんが。すべてのワインが船揺れで影響を受ける訳では無いので、強い、弱いの程度の差はあるかも知れません。(試飲の物は飛行機で来ているが・・)

と、ここで脱線するのですが、試飲の物は飛行機で来ているのに普通に飲めたぜ、と書いた所で、現時点で自分の中で飛行便はワインのコンディションが(船便よりは)悪くなるという記憶だったのですが、調べてみたところこれは私の覚え間違いだったようで、そもそもがボジョレヌーボーが飛行便で来るから高い飛行便の輸送料が価格に反映されて(味だけで考えると)コスパが悪い、という所からねじれて=飛行便はワインのコンディションに影響を及ぼすという記憶違いになっていたようで(アホですな)、もちろん実際に影響があることもあるそうですが、必ずしも輸送によるコンディションが 船便>飛行便 という事ではないようで、それについては実際に調べてみたという方のブログがありましたのでそちらを見て頂クのも面白いかも知れません。

もちろん「味」というある種曖昧なものの評価なので、そのブログの結果でも個人差が分かれるようではありましたが。船便と航空便のそれぞれの味わいに対しての考察もあり(ざっくりいうと船便は味わいが柔らかく、航空便はタイトに感じたのだとか)

そして、サンギュリエ・マルベックに関しては船便との相性が悪かったのでは?というのも、前述のように船便で輸入したてでもそれほど影響を受けていない物もあるからです。もちろんいずれも少し時間をおいた方が良いとは思いますが。

ようやく話を戻します。
輸入したてで味わいが不安定だったサンギュリエ・マルベックですが、少し日本で保管を続けてから再度飲むと、本来の味わいが戻っておりました。その後2回くらい飲む機会があったのですが、その時もその本来の味わいを感じました。そして先日3回目少し印象が変わりました。表現があっているか分かりませんが、個人的に印象に残っていたマルベックの味わいが薄まりました。時間が経過するにつれてコクが深まり、味わい深く感じました。これまでにはなかった印象です。(マルベックを全面に押し出しているのにマルベックの味わいが薄まるのというのはあれですが)まぁ正直に言うと、これまではあまり好みなワインではありませんでした(^o^)

そもそもが2019年のヴィンテージで味わいの変化もあるだろうという感じなのですが、要するに何が言いたい話なのかと言うと、何回も買って飲んでみてほしいという(^o^) 
やはり最初の1回で美味しくなかったら普通は2回目買わないと思います。分かります。私も他ではそんな事はしません(^o^)

しかし以前も触れたような気がしますし、当店のワインメルマガでもありました通り、ワインは農産物!ましてやヴィンテージなるものが存在します。味わいが変化するものでもあります。そしてワイン自体の調子が悪いこともあります(^o^) もっというと個体差やコンディション、料理、季節や気温、飲む場所、一緒に飲んだ人、体調・・・まぁそれを言ったら他の飲食物もそうなんですが(-_-)

まぁコンディションの良い悪いはともかく(?)、経年による味わいの違いを楽しめる物というとこれいわゆるワインの楽しい所ですね。去年の味わいを覚えているというのも難しい事ではありますが。何故私が覚えているのかと言うと、当店のワインしか飲んでいないからです(^o^) 
以上、毎年買って下さいねというお話でした(^o^)


東浦和ブログ

さて新事務所東浦和に来て早3ヶ月。

東浦和には日本一の桜回廊があるとかないとか・・・。

駅前に看板があるのですが、ちょっと通勤ついでや昼休みに見に行くのには難しいような・・・?昼休み丸々捧げる覚悟は無く・・。もっとも付近の坂の所にも立派な桜通りがあり、まぁこれでいいやな、と。そもそもそんな熱心なサクラーでも無いし回廊まではと、そんなこんなで雨も振り桜の見頃を過ぎた頃、朝通勤の時に、いつもとはちょっと違う経路で会社へ。すると比較的駅から離れてないところに桜回廊が。近い。

もっともこの桜回廊は総延長20kmあるのだとか・・・。なので私が見たのはまだほんの一部(200m位・・)だったのですが、通勤の途中ですし、そもそも桜はもう散りかけているので、また来年時間があれば全開な桜回廊を見てみたいなあと思ったのですが。


写真はそのいわゆる桜回廊ではなく、その近くの桜ですが、何故か桜回廊では写真を撮らず、道路に桜の花びらが積もっているのに惹かれて撮りました。

「閑静な住宅街」な東浦和。通勤途中や、昼休みにほんのちょっと散歩をするようになりました。静かで良いです。

MICHIGAMIワイン頒布会!

只今MICHIGAMIワイン頒布会の2022年度新規会員様を募集中です。当店の頒布会は入会時期は1年に一度この時期のみとなりますので、今を逃すと次は1年後となります。というのもトータルして1年間でかなりお得になるので途中入会等はご遠慮頂いているという訳です。
頒布会ページはこちら
bit.ly/2Vc8VCz


当店の頒布会は3コースに分かれております。

・極上赤ワインコース(3本)
・特選ワインコース(3本)
・選抜ワイン2本コース

3本は3本相当ということで、写真のようにマグナムボトルをお届けした時は 本数でいうと2本になったりします。先日は初の試みで、当店のお肉にバッチリと合うワインを堪能して頂く為に、アルゼンチン産のお肉をワインと一緒にお届けさせて頂きました。今後はこういった企画も取り組んで行ければと思っております。

当店頒布会は事前に何が届くかはお楽しみ方式を採用しております。最も基本的には当店のレギュラーワインをメインにお届けしておりますので、その中で今月はこれか!といったような驚きも楽しめるかと思いますのでどうぞよろしくおねがいします!


社名変更・事務所移転

さて夏の東京オリンピックも終わり・・・って久しぶりの更新となってしまいました(いつもの事ですが・・・)
しかし今回は訳(?)があります。そうブログの存在を忘れ・・ではなく、実は事務所を移転したのです。その為かなりバタバタしており!これまでの虎ノ門の事務所は実に20年程借りていたそうです。私はそのうち14年位お世話になりました。その間色々あったような、なかったような・・・。それはともかく、弊社は実に創業44年を迎えており、今回事務所引っ越しに辺り、様々なものを整理する必要があったのですが、先輩たちが放置・・いや、築き上げてきた財産(ここでは仕事上の書類を指します)が山のように!中には私が1歳だった頃と同じ年の商標申請の書類など、よくぞ今日までここにあったなというような書類が。というかほとんどそれ位年季の入ったものが数多く。そして私は連日シュレッダーをかけ(まー書類そのものを処理シていただけるサービスもあるようですが)

時は流れ12月。思えばかなり年季の入ったパソコンもようやくここにきて処理をすることができました。思えばかなりのスペースを占めていました。

そして移転!移転先は埼玉!
しょっぱい千葉出身の私にとって未知の国である埼玉。埼玉に通勤する日が来るとは!

移転先は以前の事務所の半分程のスペースになるため、かなりスリムな運営を心がけないといけません。1月は引っ越しのダンボールの山で外が見えませんでしたが、整理に整理を重ね、ようやく目の前の通りが見えるまでに。そして2月。何と社名も変更する事に!会社の移転と、社名の変更を初めて経験することができました。ということで道上商事株式会社は新たにVin株式会社(ヴァンと読みます)としてここ埼玉東浦和で新たな一歩を踏み出す事となりました。引き続きどうぞよろしくおねがいします!

オリンピック 柔道 ワイン

さて東京オリンピックも開幕。しかしながら無観客ということもあり、街中でのオリンピック感というものはほとんど感じられません。事務所が虎ノ門にあるのですが、各会場は比較的近郊ではあるかと思うのですが、事務所付近では賑わいの感じはありません。有観客であれば、外国の方などが観光とかで賑わっていたり、観戦しに行った人などを見かけたり出来たかもしれませんが。本当にやってるのかしら、という静けさ。たまに新橋辺りでスタッフの方でしょうか、オリンピックのポロシャツを着ている方を見かけます。

そして当店ワインとゆかりのある柔道は、個人での金メダル獲得が9個と活躍。前回の東京オリンピックとからめてのヘーシンクさんの記事がニュースで出たりしていますね。団体ではおしくも銀。優勝はフランスでしたが。

さて話は変わって、前回お伝えした新テーブルでの撮影。
前回の課題としては、かなり暗めだったことと、しいたけが余分・・いや料理数を少し減らしてワインをもっと中心にということを意識して撮影したのが下記。



なかなか使いこなせていなかった iphone カメラのぼかしがとうとう炸裂!
これまで屋外の撮影でどうしてもグラスの縁までぼけてしまっていたのですが、ようやく背景をぼかすことに成功!
お肉も安くて存在感のあるものを買うことができたので満足です。
我が家のこの位置は結構背景がボケやすいことが判明したので、料理写真は今後ここで撮ることにします。

写真のワインはこちら
ドメーヌ・ニコラ・ブァロン2017年
bit.ly/2VTiq8W

昨年10月に輸入したワインですが、かなり美味しくなっていました。


ワインと料理写真

商品ページにワインと料理が美味しそうな写真を載せます。

自宅で撮影するのですが
これがなかなか難しく・・・。

よくそういった料理写真を載せていらっしゃる方はいるのですが、まぁ皆さん綺麗なところに住んでおられます。家具もお洒落。「・・・テラス?」ありませんよ我が家には。また、やはりお店とかは照明とかテーブルとかも綺麗だしお洒落なので料理写真も美味しそうです。

しかし私クラスになるとそのようなお洒落な部屋に住んでいないため、あまり綺麗に撮れません。そもそも料理も全然しないんですが。
我が家の家具もいまいちというか、やはり家庭用のお皿とか無駄に柄が入っているのもどうも雰囲気がよくありませんね。昭和感滲むというか、いまいち垢抜けないのが課題です。

また、料理を作ってから撮影をするのは結構面倒・・・すぐ食べたくなってしまう・・。

これまで何点か撮ってみましたが、料理の色合いが茶色のみだったり、2品作ったが肉と肉だったり、ステーキが薄・・・などまだ試行錯誤が続いています。そもそもワインが美味しそうに撮れてない!

そんな中先日テーブルを購入!至ってシンプルなものですが、これまで無駄にうっすら柄が入った長年使っていたテーブルはどうしてもわびしい感じになるため、別の場所で撮っていたのですが、新テーブルにて撮影したものがこちら!



ワインの位置をミスりましたかね。あとしいたけはいらなかったな。部屋暗い。カーテンが侘しい・・。
まぁ、まだまだ課題はあるものの、以前よりは良くなったんじゃないかと。この新テーブルで今後頑張ります!

新ワイン入庫!

さて、ワインの輸入ですが、いよいよ船が港に到着し通関を終え、倉庫に入庫。ワタクシ入庫に立ち会って参りました。倉庫へ着くとすでにコンテナが待機。倉庫の方への挨拶もそこそこに早速開封!保険の関係上、開封の瞬間から立ち会います。コンテナに鉄製のロック(?)がかかっているのですがそれを解除。オープンするとそこにははるばるフランスから到着したワイン・・・の前に、断熱材のシートがありますので、それも開けます。するとそこにははるばるフランスから到着したワインが!

発注からは約3ヶ月位ですかね。生産者にこのワインを!と発注し、このヴィンテージは在庫がない、これがおすすめだが残りこれだけだ、無くなるぞどうする、などとやりとりをし、バックラベルのデータなどを送り、現地でラベルを貼り付けて箱詰め、各生産者のワインをとりまとめ、コンテナにバンニング。ここまで約40日位。向こうの港を経て船旅は約1ヶ月位。日本の港について通関、X線検査に約10日位。まぁ日本についてから土日が4日程ありましたので。やや正確にいうと80日位ですかね。



コンテナから、我らがシャトー・ラ・ジョンカードを取り出す様子。

今回無事破損も無く、箱が潰れてしまったりとかも無く。
取り急ぎ各アイテム一箱ずつ開けて中のラベルの様子をチェック。
発注数とあっているかの確認をします。
梱包の仕方や、問題点があった場合は、生産者や船会社に報告します。
やはりこうした積み重ねがやはり安全で確実な輸入体制を作るのには必要ですね。



到着したワインは後日試飲をして味わいをチェックします!
到着したては味が安定していないことがあるのと、まぁ定番アイテムは比較的安心ですが、
初めて入荷したものなどは試飲の時と味わいが異なって感じたり、中身が違うという事のないように!

ということで入庫チェックのお話でした。

ワインの輸入!

さて、今日はワインの輸入について!
MICHIGAMIワインの魅力の一つ、それは生産者から直接ワインを輸入しているということ。
なぜ直接輸入するのが良いのかというと当然、中間マージンが省けるのでその分、ワインを安く販売できるという事ですね!これが問屋さんなどを経由すると現地フランスの問屋、日本の業者など間にはいる人が多くなるということはその分がどうしても価格に反映されてしまいます。

しかも現地の問屋さん経由ですと、果たしてそのワインが本当に良いのかどうか。もちろんある程度のブランド品であればそれもあり、むしろ問屋さんを通さないと買えないでしょうが、無名でありながらこれは良い!というワインを皆様にお届けするにはやはり自分達で選びぬいたものを直接輸入するのが最適であると思います。

MICHIGAMIワインでは長年に渡るつきあい(50年以上!)のシャトーからサンプルを2本ずつ送ってもらいそれを試飲します。個体差や状況の差などによる間違いがないように2本送ってもらい、時期をずらして試飲をしています。そしてこれは良い!と思ったものを輸入するわけです。其のため、なかなか種類は増えず、他のお店のように何百種類も揃えることはできませんが、果たしてその何百種類は試飲をすべて行っているのでしょうか?問屋さんから抱き合わせで送られたものではないでしょうか?

MICHIGAMIワインでは全て試飲をして納得したもののみを輸入しています。其のため、おすすめは何でしょう?と聞かれたらすべておすすめです!まぁ実際言いづらいですが、どれも美味しいと思って輸入しているものばかりです。

前述の通り輸入作業をすべて行っている為、(通関などは専門業者でないと難しい為、お願いしていますが)、輸入の流れにも詳しくなってきます。試飲後の流れとしては、シャトーへ発注をします。メールで直接生産者に送りますが、電話も直接します。ここはボルドーで育った弊社代表ならではの作業になりますが、もちろんフランス語で直接やりとりをします。やはり直接電話をすることで細かい確認もできますので安心ですね。もちろん長年に渡る信頼もありますし、これまでの輸入で培った交渉力も強みです。

そしてワインのバックラベルのデータを送ったりして、ワインを準備していもらいます。ここでも少ない種類を大量のロットで購入することによってコストパフォーマンスがよくなります。通常のスーパーでもケース買いがお安いのと同じですね。

そしてワインを港に用意してもらい出航。日本での輸入の際の準備をします。ややこしいのが担当者によって厳しかったり、そうでもなかったり。まぁ変なものが輸入されまくるのも問題なので厳しいのはいいかと思いますが。輸入時に引っかかると色々と面倒です。書類に不備があったり、まぁ商品(ワイン)は長年に渡って輸入していることや、付き合いのあるシャトーなので変なものを入れてくることは当然有りませんので問題ないですが、例えば分析機関の社名が変更になった等でもその変更された証明の書類を用意する必要があったりします。またX線検査の為に、コンテナに商品をいれた順番を教えて下さいとか。「どっちでもいいだろ!今回2社からしか入れてないぞ!」とはもちろん言えませんので現地に確認をとります。

ここで気になるのはあまり商品を足止めしてしまうと保管料が取られてしまうというところ。その為、時差があってやりとりがスムーズにいかないと時間がかかってしまいますがフランス人の方を急がせる必要があります。もっともきちんと対応してくださいますが。また、受け入れ先の倉庫にもいつコンテナを入れますという日程の調整が必要で、「いつでもいいやんけ」という訳にも行かず、この日は他のコンテナが入る為だめです、といったことも。

MICHIGAMIワインではコンテナから倉庫へワインを入庫する際に必ず立ち会う事にしています。これはワインが海上輸送の際に割れていたら保険を請求する必要があったり、実際にコンテナにどのように入れられているか、商品の潰れ(特に箱ワインBag In Box)などはないかなどを直接自分たちで確認して、改善点があれば現地に報告して次回修正してもらうなどの点からそうしています。

まぁ後半は余談ばかりでしたが、直接輸入する事でコストパフォーマンスの良さを実現しております!というお話でした。

44周年記念キャンペーン!

なんと我が道上商事は21年6月1日をもって設立44周年!誰かと同い年だとか・・・?

そこで!44周年を記念して 対象ワインをお買い上げの方に無料で なんとあの icemonaco (商標登録済み)プレゼントキャンペーンを実施!



こちらのicemonaco は簡易ワインクーラーといったところでしょうか。
こちらにワインを入れて、氷と水を入れて冷やすアイスバッグとなっております。
今の時期はあれっちゃあれですが、アウトドアなどに持ち運びも便利で重宝します。



こんなイメージです。水は意外と結構入ります。500mlのペットで十分だろうとケチったのですが、
写真のあたりまでしかはいりませんでした。もっと氷をいれてもいいですしね!氷と水を入れるとより冷えるかと思います。


水が少ない。

6月10日(木)までは対象ワインを1本お買い上げで1枚無料でおつけします。

キャンペーンページはこちらです!
https://www.michigami.com/SHOP/1139098/list.html

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

1975年

先日1985年のワインを開ける機会がありました。本当に文字通り開けるだけで飲んでませんが(泣)。さすがにコルクがボロボロでかなり慎重に時間をかけて開けましたが、まぁ私はソムリエでも何でもない為、滅多にこうした古いワインを開ける機会はありません。

そして今回は1975年のお話なんですが!
1975年のジョンカード赤ラベルの商品ページを修正していたので古いワインのお話をしようと思った次第です。

ヴィンテージコルク

私のような素人が古いワインについて感想を述べるのもなかなか珍しいのではないかと思いますが、というのもやはり古い良いワインとなりますとお値段もなかなかですのでそれほど飲む機会には恵まれませんし、詳しい方なら高額とはいえ好まれて飲まれる事もあるかもしれません。私のようにワイン通販会社に勤めていると自分の懐を傷めず運良く飲ませていただける事があったりします^^;

とはいえ、飲んだのは10年前くらいだったでしょうか^^;
そしてその時飲んだのは1971年^^;
もう71年は在庫がないので1975年を紹介しています!

今よりもっとワインを飲んだ経験はなく(10年経っても素人とはいかに)、ましてやヴィンテージワインなど生まれて初めての経験だったのですが、ワインってこんなに美味しいのか!と感動しました。その前にジョンカード黒ラベル を飲んだ時もワインってこんなに美味しいのか!と一気に飲んでしまったのですが、その時とはまた違ったヴィンテージワインという感覚・・。表現があっているか分かりませんが「紅茶か?これ」と思いました。正確に言うと紅茶のようなフレーバーを感じ、若干コーヒーのようなニュアンス(?)、まぁ流石に私では表現できない美味しさで感動したことを今日ホームページを更新しながら思い出したという訳です。

結局のところ、何が言いたいのかというと、ワインを詳しい方はもちろんなのですが、あまり飲んだことないよーという方にも是非お薦めしたいなあ、と思ったのです。もちろん前述のようにあまり飲まれない方がいきなりン万円のものをというのはさすがに難しいとは思うのですが、是非そうした機会に出会えると良いなと思いました。